本文へ移動

地域福祉活動について

地域福祉活動について

RSS(別ウィンドウで開きます) 

後免地区「わたしのまちの福祉計画」が策定されました!

2022-09-09
昨年度から南国市各地区で取り組んでいます、地区ごとの「わたしのまちの福祉計画」ですが、この度後免地区でも策定されました
策定にあたっては、後免地区住民が集まり「座談会」を開催。自分たちの住むまちについて考え、今後の取り組みを話し合い、作られました。
座談会は6月、7月と2回に分けて行われ、「今こういうことに取り組んでいるから続けていこう」「世帯は少ないがお互いに声を掛け合ってイベントに参加しよう!」など多くの意見が出ました
今月(2022年9月)の南国市社会福祉協議会広報誌「まんてん」にも概要版を載せていますので、後免地区住民の方だけではなく、他地区に住む皆さまにもぜひご覧いただければと思います

三和マルシェ☆

2022-06-17
令和4年6月15日、三和地区で2か月に1回、年金日に開催されている三和マルシェに行ってきました
場所はJA三和支所で、JA女性部が中心となり、カフェや焼きそば、お惣菜の販売などをされていました。
皆さんオープンを待ちわびていたようで、たくさんの人が来られていました
次回は稲刈りの繁忙期のため8月は休止、10月となります皆さんもぜひ足を運んでみてください

野田地区座談会を開催しました☆

2021-12-02
令和3年11月6日(土)、11月13日(土)に野田地区で座談会が開かれました
1回目の座談会では、アンケート結果をもとに野田地区の各地域の美化活動や見守りについて「参加者がいつも同じ」「プライバシーを守って見守り活動を行うことは難しい」「助けてというまでには勇気がいる」などの意見がありました。
また、野田地区が目指す地域像(スローガン)については、良いところや課題から、若い世代の人にも印象に残るよう「みんなが主役!全員集合なのだ!」に決まりました
 
2回目には野田地区の課題を3つにまとめたものを基に野田地区住民一人ひとりができることや地域でできることについて話し合われました。
「課題① 多世代がつながりつなげていくことができる地域づくり」や「課題② 地域のみんなが野田への興味・関心を持ち支え合える地域づくり」については、「声かけが大切」「おせっかいを遠慮せずにする」「まず家庭の中で地域の取り組みなどについて話をする」「子どもを中心にしがらみのない地域づくりをしていく」というような意見がでました。また「課題③ 災害に備えて助け合える地域づくり」については、防災意識を高めるために地域行事に防災に関するものを取り入れる」などの意見がでました。
参加者の方々から様々な意見がでて、とても活発な意見交換の場となりました。
 
 

前浜地区座談会を開催しました②

2021-10-14
令和3年10月6日(火)、新型コロナウイルス感染拡大のため、延期になってしまっていた2回目の座談会を行いましたenlightened
 
2回目の座談会では、まず初めに前浜地区が目指す理想の地域像・スローガンについて話し合いました
 
地域の自然や伝統行事である「えんこう祭り」「平和」、「地域の安全」など様々な意見が出ましたが、子どもたちを大切にしたいという住民の思いから「子ども」というワードを入れよう!となりました。
そして、前浜地区住民だけではなく地区外の人にもいいなと思ってもらえる前浜地区となったらよいなという思いから「子どもの元気地域にパワーやっぱりいいな前の浜」というスローガンに決定しました
 
次に、1回目に出た地域の福祉課題について、一人ひとりができることや地域でできることについて話し合いをしました。
 
各課題に対して、「今ある地域の活動の継続や見直しをして、新しいアイデアを出していく必要があるのではないか」「住民同士がお互いに気にかけあうことが大切」「やはり避難訓練を通して住民が集まりつながり合っておくことが必要」など皆さんの前浜地区に対する思いを共有する場となりました。
 
今回、前浜地区の皆さんから様々な意見が出たため、前浜地区地域福祉活動計画として一度まとめ作業をしたうえで、再度集まっていただき、策定をすることとなりました
 
3回目の座談会は10月20日(水)ですblush
 
つづく・・・
 

前浜地区座談会を開催しました①

2021-10-14
南国市の前浜地区で令和3年8月24日(火)に1回目、10月6日(火)に2回目の座談会を行いました
 
1回目の座談会では、緑ヶ丘地区同様に、事前アンケートで参加者の皆さんから伺った「地域の良いところ・良い活動」「困っていること・生活していく上での課題」「こんな地域になったらよいな!理想の地域像」を共有し、地域の課題について自由に意見をしてもらいました
「高齢者が多いが、みんな元気」「地域課題の根本として、子どもが少ないということがあるのではないか」「常会への参加意識が低くなっており、若い人が参加するようなイベントも行えず、引き継いでいくこともできない」など皆さんから活発な意見がでました。
 
目指す地域像についても多くの案があり1回目時には決めきれなかったため、2回目の座談会までに各々が再度考えてくることになりましたenlightened
長くなりましたので、次に・・・つづく・・・
 
TOPへ戻る